SBSフレイトサービス/小田原支店屋上で太陽光発電開始

2015年02月03日 

SBSフレイトサービスは2月3日、神奈川県の小田原支店で太陽光発電事業を開始したと発表した。

<屋上に設置された太陽光パネル>
20150203sbsf - SBSフレイトサービス/小田原支店屋上で太陽光発電開始

倉庫2棟の屋上約2850㎡に、850枚の太陽光パネルを敷設。発電能力210kw、年間発電量25.2万kwhを見込んでいる。

施設は、2014年12月16日に約2か月間の工期で竣工し発電を開始。その後、設備や管理システムの調整、発電量を左右する要因分析など、運用を安定させるための試行期間を経て
1月26日から本稼働した。

施設は、SBSグループの太陽光発電施設の中では 10か所目。

グループの累計発電能力は約7メガワットになった。今後、2施設が稼働する計画があり、年末までに8MWを超える太陽光発電能力を有する見込み。

■太陽光発電設備概要
発電能力:210kw
発電量/年:25万2000kwh
設置面積:約2850㎡
パネル数:850枚

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集