セブン&アイ/グループ6社で「スコープ3」を算定

2015年04月03日 
関連キーワード:

セブン&アイ・ホールディングスは4月3日、グループ主要6社のサプライチェーン全体の温室効果ガス排出量(スコープ3)を初めて算出したと発表した。

主要6社とは、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武、ヨークマート、セブン&アイ・フードシステムズ、セブン銀行で、2013年度の「スコープ3」排出量を算定した。

全体の排出量の内、スコープ1が0.6%、スコープ2が13.4%、スコープ3が85.9%となった。

スコープ3の内訳では、購入した製品・サービス(原材料の調達)が86.3%と大半を占めた。

なお、スコープ1は直接排出、スコープ2はエネルギー起源の間接排出、スコープ3は、自社排出量以外の、原材料・商品の調達、配送、商品使用、廃棄過程から出る温室効果ガスの排出量のことを指す。

グループ企業6社では、環境省のサプライチェーン排出量算定支援事業を活用し、サプライチェーンを通じた温室効果ガス排出量算定ガイドラインVer2.1に沿って算定した。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集