味の素グループ/41億円投じ、川崎事業所内に新包装工場を建設

2015年05月28日 

味の素と味の素パッケージング(A・PAC社)は5月28日、A・PAC社関東工場の老朽化に伴い、味の素川崎事業所敷地内に新包装工場を建設すると発表した。

現工場では6か所に分散している包装ラインを1棟に移設・集約し、併せて販売品種や包材仕様の見直し等により包装ライン数を大幅に削減、少人化と自動化を進めて、1人あたり生産性を約30%高めるとしている。

食の安全を保証する品質管理体制を強化し、健康食品GMPにも対応。完工は2017年5月の予定。

■新包装工場概要
名称:味の素パッケージング 新関東工場
所在地:神奈川県川崎市川崎区鈴木町1-1
建物:建築面積5330m2、延床面積8770m2、鉄骨構造2階建
包装品目:調味料類(「味の素」「ほんだし」等)、甘味料(「パルスイート」)、アミノ酸スポーツサプリメント(「アミノバイタル」等)他
包装能力:約240万ケース/年
設備投資額:約41億円(建物、設備、工事費等)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集