GLP/GLP米国・インカム・パートナーズIに3機関の資本パートナー

2015年05月29日 

グローバル・ロジスティック・プロパティーズ(GLP)は5月29日、GLP米国・インカム・パートナーズIに3機関の資本パートナーを迎え入れたと発表した。

3機関のグローバル機関投資家のうち2機関はアジア系、1機関は北米系で、うちアジア系の1機関はGLPのファンド・マネジメント・プラットフォームへの初の参画となる。

GLPは本ポートフォリオの持ち分を55%から10%に引き下げ、引き続きアセット・マネジャーを務める。GIC(シンガポール政府投資公社)は引き続き45%の持ち分を保有する。

GLPは2014年12月に米国最大級の物流施設ポートフォリオを80億米ドル(約9812億8000万円)で取得し、GLPのファンド・マネジメント・プラットフォームに組み込んだ。ファンド・シンジケーションは、手続きを経て、2015年9月までに完了する見込み。

なお、GLP米国・インカム・パートナーズIのポートフォリオは、総延床面積1100万m2の質の高い物流施設で構成され、その立地は、参入が困難と言われる人口100万人以上の主要なマーケットに集中しており、Eコマースの配送拠点として申し分のない立地。2015年3月31日時点の稼働率は92%で、今後1年で94%まで引き上げ可能とみている。

最新ニュース

物流用語集