西濃運輸/養老サービスエリアで安全督励

2015年09月18日 

西濃運輸は9月17日から18日、名神高速道路・養老サービスエリアで、夜間安全督励を実施した。

<督励に訪れ、乗務社員と握手を交わす大塚社長(右)>
督励に訪れ、乗務社員と握手を交わす大塚社長(右)

<安全運行を呼びかける様子>
安全運行を呼びかける様子

同社では例年10月1日から1か月間、労使・家族が一体となって事故防止のために「カンガルー運動」を展開しており、秋の全国交通安全運動に先立って安全督励を行なった。

神谷正博専務取締役、近藤寛労働組合委員長をはじめとする労使約20名が参加して、グループ会社を含め上り線131台、下り線91台の合計222台の運行車両のドライバーに安全運行を呼びかけた。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集