佐川急便/「手ぶら観光」促進に次世代通訳サービス導入

佐川急便は11月1日、スマートフォン・タブレットを用いた3か国語通訳サービス「スマイルコール」を導入し、「手ぶら観光」を展開している東京駅と浅草雷門のサービスセンターで運用を開始する。

<タブレットによる通訳の様子>
20151026sagawa 500x311 - 佐川急便/「手ぶら観光」促進に次世代通訳サービス導入

スマイルコールは、インデンコンサルティングが開発し、SGホールディングスグループのSGシステムが提供するビデオチャット機能を利用した通訳サービス。スマートフォン・タブレットといった最新のポータブルデバイスを使い、通訳者と向き合いながら通話し、外国語(英語・中国語・韓国語)から日本語に、日本語から外国語に相互通訳する。

東京駅と浅草雷門のサービスセンターで、多言語対応が可能なスタッフを配置しているが、よりきめ細かいサービス提供を目指し、英語、中国語、韓国語による通訳サービスを開始する。

同社は、国土交通省から「手ぶら観光」のサービス拠点として認定を受け、訪日外国人旅行者に対するアンケート調査(国土交通省)では、手ぶらで観光を楽しみたいという要望がある一方で、外国語対応が不十分等の課題があることが明らかになっていた。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集