トランコム/中国の物流会社を子会社化

トランコムは12月14日、中国の物流企業Transfreight China Logistics(TFCL)の出資持分を追加取得し子会社化すると発表した。

TFCLは、中国で、貨物運送事業を中心に事業展開している物流会社。

トランコムは、昨年7月にTFCLへ資本参加し、日本で培ってきた物流品質向上や効率化の仕組みをTFCLに取り入れ、より効率的で高品質、高付加価値な物流サービスの実現に取り組んできた。

顧客への対応力の強化を図るため、TFCLの出資持分を三井物産より取得し子会社化する。

■異動する子会社(TFCL)の概要
名称:Transfreight China Logistics(中国名:広州特蘭富力運輸)
所在地:中華人民共和国広東省広州市
事業内容:普通貨物運送、倉庫、国際貨運代理
資本金:500万米ドル(6億1400万円)
設立年月日:2006年1月16日
株主:三井物産65%、トランコム35%
2014年12月期:売上高31億3400万円、営業利益2億4500万円、経常利益2億7300万円、当期純利益2億円

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集