キリングループロジ/ロジスティクス大賞発表会、3月11日開催

キリングループロジスティクスは3月11日、2015年度キリングループロジスティクス大賞(KGL大賞)の発表会を開催する。

2015年度のKGL大賞には、全社で23の案件が候補として挙がり、審査の結果グループの部として10案件、個人の部として2案件の計12案件が大賞に選ばれた。大賞案件は各20分ずつ内容発表を行う。

「協同配送の取り組み」や「誤受注削減の取り組み」など、受賞案件テーマは多岐にわたり、発表会ではそれぞれの案件の取り組み家庭や成果を共有して、今後の業務遂行に生かしていく。

キリングループロジスティクス大賞は、有益な創意工夫、改革、チャレンジ、安全・衛生等、業務遂行上著しい効果をあげたもの、または社会的鉱石により会社の名誉となる行為を行ったものを表彰する制度。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集