LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

佐川急便/カーボン・ニュートラル認証、新たに3拠点で取得

2016年03月22日/SCM・経営

  • 関連キーワード
  • ゼロ

佐川急便は3月22日、新たに「TOKYO SERVICE CENTER」、「祇園佐川急便」、「京都(麩屋町)営業所」の3拠点で、環境省の「カーボン・ニュートラル認証」を取得したと発表した。

<TOKYO SERVICE CENTER>
20160322sagawa1 500x333 - 佐川急便/カーボン・ニュートラル認証、新たに3拠点で取得

<祇園佐川急便>
20160322sagawa2 500x332 - 佐川急便/カーボン・ニュートラル認証、新たに3拠点で取得

<京都(麩屋町)営業所>
20160322sagawa3 500x333 - 佐川急便/カーボン・ニュートラル認証、新たに3拠点で取得

カーボン・ニュートラル認証の対象となる事業所は、計6拠点となった。

対象となる事業所での温室効果ガス(CO2)排出量を算出し、主体的にこれを削減する努力を行う。

削減が困難な部分の排出量について、佐川林業が創出したオフセット・クレジット(J-VER)でオフセット(埋め合わせ)することで、カーボン・ニュートラルを実現しており、今回、6拠点でのカーボン・ニュートラル認証(番号CN004‐01 認証有効期間2016年3月21日~2019年3月20日)取得となった。

今後も、環境にやさしい環境対応車の導入、台車や自転車で集荷・配達するサービスセンターの展開など、事業活動での環境負荷の低減に取り組むとともに、カーボン・オフセット制度の活用により、事業所のCO2排出量をゼロにするなど、事業活動全体での環境負荷低減に積極的に取り組んでいく。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース