パイオニア/クラウド型運行管理サービス用「WEB APIサービス」を提供

パイオニアは5月18日、提供しているクラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」の多彩な機能を、他のサービスと連携させて使用できる「WEB APIサービス」の提供を開始すると発表した。

<「ビークルアシスト」用「WEB APIサービス」使用イメージ>
20160519pioneer 500x134 - パイオニア/クラウド型運行管理サービス用「WEB APIサービス」を提供

提供を開始する「ビークルアシスト」用の「WEB APIサービス」とパイオニア製業務用車載端末を使用することで、顧客やシステムインテグレーターなどが使用もしくは提供している既存サービスでも、そのサーバー経由で「ビークルアシスト」の多彩な機能を利用できるようになった。

専用端末などを開発することなく、車両端末情報を利用した新しいシステム・サービスを構築できる。

WEB API(Aprication Programing Interface)は、 コンピュータープログラムで作成された機能を外部のプログラムから利用するための手順・規約の一つで、他のサイトで提供されている機能や情報を自社のWebサイトに組み込んだり、外部アプリケーションを使って利用したりする際などに用いられる。

■問い合わせ
https://www3.pioneer.co.jp/car/biz/va/contact/

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集