日通、郵船ロジ/台湾向け冷蔵混載輸送サービス開始

2016年06月17日 

日本通運と郵船ロジスティクスは6月17日、名古屋発台湾向けに食品の冷蔵混載輸送サービスを共同で開発し、販売を開始した。

<台湾向け冷蔵混載イメージ>
台湾向け冷蔵混載イメージ

名古屋発の冷蔵混載輸送サービスは、日本初、また台湾向けの冷蔵混載輸送サービスも日本で初めとなる。

アジアを中心に日本産の農林水産物や食品への需要が高まっており、2015年の輸出額は過去最高値を記録した。輸出増加が加速する中、名古屋発台湾向けの冷蔵混載輸送サービスにより、中部地方の食品を海上輸送で少量から安価に輸送することが可能となる。

新サービスでは、日本通運と郵船ロジスティクスが船会社から共同でコンテナを仕入れ、両社顧客の冷蔵貨物を混載することで輸送コストを削減する。

名古屋のCFS(コンテナ・フレイト・ステーション)は日本通運の冷蔵倉庫を、台湾のCFSは郵船ロジスティクスの提携倉庫を活用し、2社が連携する。スケジュールは週一便、名古屋CFSから台湾の基隆CFSまでを最短7日で結ぶ。

顧客は輸送コストが航空便に比べて約8割減、コンテナ1本貸し切りに比べて約3割減。さらに、少量からの輸送がかのうで、スケジュールも安定しているメリットがある。

なお、ターゲットとする貨物は青果物、加工食品、日本酒など。

サービス概要は週一便のスケジュールで設定温度は+5℃。

名古屋港搬入先CFSは日本通運名古屋国際輸送支店青果センター。

最新ニュース

物流用語集