日立物流/親子を対象に鉄道車両輸送船の見学会を

2016年08月22日 

日立物流は8月22日、親子を対象とした鉄道車両輸送船等の見学会を8月18日に共催したと発表した。

<鉄道車両輸送船等の見学会>
日立物流

日立物流

山口県下松市が鉄道産業に深い関わりがあり、世界に誇れる町であることを地元の子供たちに認知させるため、くだまつ観光・産業交流センター主催で開催されたもの。

見学会の会場となった山口県下松市の徳山下松港第二埠頭には、市内の小学生・園児および保護者ら84名が、イギリス向けに輸出される車両が専用の輸送器材によって船積みされる様子や、輸送船の内部を見学した。

間近で迫力ある船積み作業を見た参加者からは驚きの声が上がり、作業員の説明を熱心に聴く様子や、カメラのシャッターを連写する姿が見られたという。

■見学会の概要
開催日:2016年8月18日
会場:徳山下松港第二埠頭 (山口県下松市)
主催:くだまつ観光・産業交流センター(下松商業開発)
共催:日立物流、日立物流バンテックフォワーディング、日立物流西日本、日立製作所、川崎汽船、ケイラインローローサービス
後援:下松市、下松市教育委員会、下松市子ども会育成連絡協議会
参加者:下松市内の小学生・園児および保護者84名

最新ニュース

物流用語集