日本ユニシス/東南アジアで、ドライブレコーダーサービス開始

日本ユニシスグループは10月11日、インドネシアにおいてカメラ付き携帯通信型の運行管理支援サービス「ANZEN FleetView」の提供を10月から開始したと発表した。

<インドネシアでの「ANZEN FleetView」の概要図>
20161011unisys 500x269 - 日本ユニシス/東南アジアで、ドライブレコーダーサービス開始

こ日本ユニシスが日本国内向けに提供している「無事故プログラムDR(ドライブレコーダー)」をベースに、東南アジア地域特有の状況・課題に対応したグローバル版サービスとして開発し、自動車による輸送サービス事業者の安全で高品質なサービスの実現を支援する。

インドネシアでの販売は、日本ユニシスグループのネットマークス インドネシアを販売店として、車載器とWeb サービスを提供していく。対応する言語はインドネシア語、英語、日本語の3か国語。

日本ユニシスは、2009年に日本国内で輸送サービス事業者向けに「無事故プログラムDR」の提供を開始し、これまでに650社、2万5000ユーザーへ導入を果たした。

日本国内での実績をもとに、昨年から東南アジア市場向けに「無事故プログラムDR」の展開の可能性について検討を開始し、海外展開の第一弾としてインドネシアを選定した。

インドネシアで「ANZEN FleetView」を導入する輸送サービス事業者のメリットは、「ドライバーの運転実績を可視化することにより、運転技術改善、輸送品質の向上と事故率の低減」、「GPS による各車両の位置情報管理により、ドライバーの不正行為防止と配送業務を効率化」、「危険運転検知により、事故発生時の迅速かつ適切な対応が可能」、「危険運転の動画を利用したドライバーへの教育による安全性向上」としている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集