日本郵船/関西電力と初のLNG船共同保有

2016年12月01日 

日本郵船は12月1日、日本郵船が30%、関西電力が70%を出資する液化天然ガス(LNG)船保有会社を通じたLNG船1隻の共同保有に合意した。

共同保有するLNG船は、川崎重工業坂出工場で現在建造中で、2017年末の竣工後、20年間にわたり主に米国コーブポイントLNGプロジェクトから関西電力が調達するLNGの輸送に投入する予定。

主機には二元燃料ディーゼル電気推進システムを採用することで、従来の蒸気タービン方式に比べ優れた燃費性能を発揮するとともに、カーゴタンクのボイルオフ率を世界最低水準(カーゴタンク容積に対し0.08%/日)に抑え、環境負荷低減とLNG輸送の経済性向上を実現する。

■新造LNG船の概要
全長:約300m
幅:48.90m
LNGタンク容量:約177,000立方m(モス型)
主機関:二元燃料ディーゼル電気推進システム(DFDE)
船舶保有会社:LNG SAKURA Shipping Corporation
共同保有比率:日本郵船30%、関西電力70%
船籍:バハマ国
建造造船所:川崎重工業 坂出工場
船舶管理会社:日本郵船
就航予定:2017年12月(予定)

最新ニュース

物流用語集