LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

川崎汽船/4~12月の売上高22.2%減、営業損失346億円

2017年01月31日/決算

  • 関連キーワード
  • 損失

川崎汽船が1月31日に発表した2017年3月期第3四半期決算は、売上高7609億3200万円(前年同期比22.2%減)、営業損失346億8200万円(前期は151億9200万円の営業利益)、経常損失369億600万円(前期は117億2900万円の経常利益)、当期損失545億7800万円(前期は92億7500万円の当期利益)となった。

世界的に経済環境の先行き不透明感が払拭されないなか、海運業を取りまく市況の本格的な回復には時間を要するものと思われるが、資源価格の上昇や世界経済の緩やかな回復を後押しに徐々に底値圏を脱しつつあるものと思われる。

コンテナ船では、東西航路を中心とした短期運賃市況が改善傾向となるも、依然として船腹需給ギャップは存在するなかで、収益回復への途上であり損失を計上した。

グループでは、配船効率化などの収支改善策への取組みや運航コストの削減に努めたが、前年同期比で業績は悪化した。

通期は、売上高1兆100億円(18.8%減)、営業損失430億円(-)、経常損失470億円(-)、当期損失940億円(-)の見通し。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

決算に関する最新ニュース

最新ニュース