ZMP/歩道の自動走行を目指す宅配ロボット開発、寿司デリバリーで実験

2017年07月13日 

ZMPは7月13日、歩道走行を目指す宅配ロボット「CarriRo Delivery(キャリロデリバリー)」のプロトタイプを開発したと発表した。

<CarriRo Delivery>
20170713zmp1 500x531 - ZMP/歩道の自動走行を目指す宅配ロボット開発、寿司デリバリーで実験

<オフィスでの実験>
20170713zmp2 500x291 - ZMP/歩道の自動走行を目指す宅配ロボット開発、寿司デリバリーで実験

<前方を照らすライト>
20170713zmp3 500x320 - ZMP/歩道の自動走行を目指す宅配ロボット開発、寿司デリバリーで実験

CarriRo Deliveryは、宅配ボックスを搭載し、レーザセンサとカメラで周囲環境を360度認識しながら最大時速6kmで自動走行する。遠隔監視を行うと共に必要に応じて遠隔操作を可能とする。

8月以降、随時、実証実験パートナー企業と技術面、サービス面の検証を実施する。

第1弾として銀のさらを展開するライドオン・エクスプレスと寿司デリバリーサービスに関する実証実験の開始を決定した。

なお、現在日本には、ロボットが歩道を自動走行することを想定した法制度が存在しないため、まずは私有地内での実証実験を実施しつつ、公道での実証実験の実現を目指す。

■仕様
サイズ:1330mm(全長)x 750mm(幅)x1090mm(高さ)
重量:90kg
積載重量:100kg
速度:最大時速6km
稼働時間:8時間
登坂力:約8度

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集