LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ヤマト運輸、長良川鉄道/客貨混載の実証実験を11月に開始

2017年11月01日/3PL・物流企業

  • 関連キーワード
  • 鉄道

ヤマト運輸と長良川鉄道は11月6日から11月17日まで、 岐阜県関市の関駅と郡上市の美並苅安駅の区間について鉄道を利用した客貨混載の実証実験を開始する。

<実証実験に利用する長良川鉄道の車両>
20171101yamato1 500x372 - ヤマト運輸、長良川鉄道/客貨混載の実証実験を11月に開始

<車内で固定される荷物保管ボックス>
20171101yamato2 - ヤマト運輸、長良川鉄道/客貨混載の実証実験を11月に開始

<客貨混載輸送の実施区間>
20171101yamato3 500x403 - ヤマト運輸、長良川鉄道/客貨混載の実証実験を11月に開始

実証実験の検証結果をふまえ、2018年早期に本格運用を始める予定だ。

実証実験は、ヤマト運輸岐阜ベース(関市)から郡上支店(郡上市)間の幹線輸送の一部を、長良川鉄道の列車で代替輸送する。

実証実験の期間中、両社は、荷物の積み降ろし動線や輸送中の固定方法といった安全対策の検討やヤマト運輸のSDの労働環境の改善、また環境負荷の軽減といった効果を検証する。

<運用フロー図>
20171101yamato4 500x313 - ヤマト運輸、長良川鉄道/客貨混載の実証実験を11月に開始

運用フローは、ヤマト運輸岐阜ベースから関駅まで荷物を輸送。関駅で列車(13時16分発)に、ヤマト運輸社員が荷物を積載。ヤマト運輸社員が同乗して美並苅安駅まで輸送。

列車が美並苅安駅に到着(13時55分)し、 ヤマト運輸SDに荷物を引渡し。ヤマト運輸SDが集配車両に荷物を積載し、 郡上市美並町の届け先へ配達となる。

長良川鉄道とヤマト運輸は本実証実験での検証を経て、2018年早期に、無人での客貨混載の本格運用を開始する予定。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース