JR貨物/北海道内全域の貨物列車、運転再開の見通し立たず

2018年09月07日 

日本貨物鉄道(JR貨物)は9月7日16時現在の貨物列車の運行状況を発表したが、6日時点と変わらず、運転再開の見通しは立っていない。

貨物列車の運行を見合わせている区間は、北海道内全域にわたり、「津軽線・海峡線・道南いさりび鉄道線 青森信号場・函館貨物 間」、「函館線 函館貨物・長万部間」、「札幌貨物ターミナル・旭川間」「室蘭線 長万部・沼ノ端・岩見沢間、千歳線 沼ノ端・札幌貨物ターミナル間」「宗谷線 旭川・北旭川間」「石北線 新旭川・北見間」「石勝線 南千歳・新得間」「根室線 滝川・富良野間」「新得・釧路貨物間」。

なお、北海道新幹線と千歳線の一部区間(札幌~新千歳空港間)において、旅客列車の運転を一部再開しているが、その他の区間について未だ不通となっているため、走行する貨物列車について、引き続き全て運転を中止している。

現在のところ、運転再開の見通しはたっていない。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集