ナビタイム/トラックカーナビに複数ユーザー間の地点情報共有機能を追加

2019年04月04日 

ナビタイムジャパンは4月4日、Android OS向けトラック専用カーナビアプリ「トラックカーナビ」で、複数ユーザー間で地点情報を共有できる機能を追加した。

<サービスイメージ>
サービスイメージ

新機能では、複数のユーザーでグループを作成(最大3グループ)し、地点情報を同時に共有可能。また、グループに所属するユーザー同士が地点情報を追加・修正し、「休憩場所」や「搬入口」、「荷渡地点」などのタグを付けて管理したり、メモを入力(最大140文字)することができる。

例えば、従業員間で取引先やその周辺の待機場所を共有したり、トラックドライバー同士で大型車が駐車可能な飲食店や休憩所などの有益な情報を共有する場として利用できる。

これまで、「トラックカーナビ」では、お互いの現在地や目的地、到着予想時刻、走行軌跡などの情報をリアルタイムに共有できたが、多くのユーザーから地点情報も共有したいという要望を受けて機能を拡充した。

新機能は、iOS向け「トラックカーナビ」でも順次対応する予定。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集