Hacobu/MOVOで企業間物流初のAPIエコノミー構築へ

2019年10月29日 

Hacobuは10月29日、企業間物流で世界初となるAPIエコノミーの形成に向けて、2020年春までに物流情報プラットフォーム「MOVO(ムーボ)」のシステム基盤を刷新すると発表した。

システム基盤の刷新を経て、ムーボは「外部サービスとの連携」「ムーボ内のサービス間連携」「既存サービスの機能多様化・実装のスピードアップ」を2020年以降順次行っていく。

「外部サービスとの連携」では、API公開によって企業間物流に関わる外部サービスとムーボを連携させ、ムーボIDの保持者が外部サービスをシームレスに利用できるようにする。

「ムーボ内のサービス間連携」では、ムーボ上で提供しているサービス同士を連携させた新機能の実装を目指す。

「既存サービスの機能多様化・実装のスピードアップ」では、ムーボ上で提供しているサービスに、よりスピーディに多様な機能を実装し、素早くユーザーに提供できるようにする。

Hacobuは、ユーザーの利便性を考慮した時、金融業界などの伝統的産業で加速しているAPI公開の動きが物流業界でも今後加速するべきと主張。企業間物流の世界で初となるオープンなAPIエコノミーをムーボ上で形成することで、ドライバー不足をはじめとした企業間物流全体の課題解決を目指していくとしている。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集