パイオニア/クラウド型運行管理サービスの機能を強化

2019年10月29日 

パイオニアは10月29日、業務用車両向けのクラウド型運行管理サービス「ビークルアシスト」のアップデートを行うと発表した。

<ビークルアシスト概要図>

ビークルアシスト概要図

<日報運転評価レーダーチャート表示例(左)と走行履歴 運転診断グラフ表示例(右)>

日報運転評価レーダーチャート表示例(左)と走行履歴 運転診断グラフ表示例(右)

新機能は、運転評価に、危険挙動をマイナス評価するこれまでの減点方式に加え、安全運転をプラス評価する加点方式を採用。ゆっくりとアクセルを踏んで発進する「ふんわりアクセル」や、停車時に早めにアクセルを緩める「早めアクセルオフ運転」といった安全運転をプラス評価する項目を追加することで、運転時間の長短に左右されることなく良い運転、悪い運転を総合的に評価できます。また、ドライバーごとに運転のくせや傾向を把握できるので、個別に的確な指導を行うことができる。

なお、各機能を搭載した「ビークルアシスト」のアップデートは12月上旬に開始する予定。

パイオニアは「ビークルアシスト」を2015年より提供している。このサービスでは、カーナビゲーションや通信ドライブレコーダーをはじめとする業務用車載端末を通信回線でサーバーと接続し、車両の動態管理、メッセージによる業務指示や運行コースの送信・進捗管理のほか、危険運転の把握や自動日報作成など高度な運行管理・支援を行える。

最新ニュース

物流用語集