LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

セイノーHD/陸上輸送+ドローン輸送のビジネスモデルを検証

2019年11月25日/IT・機器

セイノーホールディングスは11月25日、ドローン物流の社会実装に向けたビジネスモデル実証にとりかかると発表した。

<ビジネスモデル>

20191125seino1 - セイノーHD/陸上輸送+ドローン輸送のビジネスモデルを検証

<ルート>

20191125seino2 - セイノーHD/陸上輸送+ドローン輸送のビジネスモデルを検証

今回、セイノーHDはトルビズオン、下関市などと連携し、下関市で事業化に向けた社会実装プロジェクトを立ち上げたもの。

物流業界において様々なドローン活用の可能性が検討される中、セイノーグループは「現状の輸送に課題を感じている物流企業」、並びに「生活に不便を感じている山間部などの過疎地域の住民」及び「商品のより早い輸送を期待している荷主」の各ステークホルダーの抱えている物流課題を解決し得る新たな価値提供として「ドローンによる混載輸送」を社会実装する計画を進めている。

ドローン混載輸送の第一弾として、今回はセイノーHD100%子会社であるココネットの買い物代行サービス(車両による陸上輸送)とのリレー輸送を実現し、“陸上輸送+ドローン輸送”の新たなビジネスモデルの検証を行う。

併せて、空の物流ルート構築に向けた協業をトルビズオンと進めており、今回の実証では、国内初の取り組みとして、同社の“sora:share”を活用した空の物流ルートを「私有林上空」に整備した。

今回の実証では、リテールパートナーズの事業会社である、丸久が行なう買い物代行サービスに注文が入った商品を、スーパーから離陸地点まではココネットが陸上輸送で運び、そこから2.5km離れた土地へはドローンを使用して、主に河川、私有林上空を飛行させ輸送する。

既存のサービスでは前日15時までに注文する必要があるが、この実証ではココネットの買い物代行輸送力とドローンの速達性を活かし、当日注文→当日お届けにも対応することで、注文からお届けまで最短約1時間で商品の輸送を行う。

■概要
実践日:11月29日
配送拠点
 スーパー: 丸久サンマート豊田店
 拠点A:道の駅蛍街道西ノ市(丸久サンマート豊田店から拠点Aへ陸送)
 拠点B:のぞみ会加工場(商品受取場所)
(実践フィールド:山口県下関市豊田町大字中村付近)

■役割
行政:下関市
小売:リテールパートナーズ、丸久
空域調整:トルビズオン、組合林業 他
配送:セイノーホールディングス、ココネット
機体提供:エアロセンス
通信提供:ソフトバンク

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース