丸運/経営体制強化へ組織改正

2020年02月27日 

丸運は2月27日、4月1日付の組織改正について発表した。

機構を現行の「本社コーポレート部門」「本社事業部門」「事業部門」から、「管理本部」「事業部」「社長直轄部門」へと移行する。

管理本部は 「コーポレート管理本部」と「テクノサポート管理本部」の 2管理本部からなり、コーポレート管理本部(経営企画部、広報・IR部、総務部、経理部、人事部、情報システム部)、テクノサポート管理本部(環境安全部、品質保証部、受託業務部(受託業務部には「石油基地管理グループ」と「川崎ガスターミナルグループ」が所属))で構成する。

事業部は、国内貨物輸送業務と国際貨物輸送の国内業務を担当する「貨物輸送事業部」、石油輸送業務と潤滑油・化成品事業を担当する「エネルギー輸送事業部」、海外拠点と海外関係会社の統括業務を担当する「海外物流事業部」の3事業部制とする。 なお、「貨物輸送事業部」の拠点「東雲物流センター」は「エネルギー輸送事業部」との複合拠点とする。

社長直轄部門は、「監査室」「内部統制室」「AEO管理室」の3室とする。

これらの組織改正によって、第3次中期経営計画の達成に向けた経営体制の強化・拡充を図る狙い。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集