商船三井/FSRUの再ガス冷熱発電システムで世界初AIP取得

2020年03月03日 
関連キーワード:

商船三井は2月26日、韓国のDaewoo Shipbuilding & Marine Engineering(DSME)と、FSRU(浮体式LNG貯蔵再ガス化設備)向けに共同開発中の「Cyro-Powered Regas(再ガス冷熱発電) 」システムについて、Bureau Veritas Marine (Singapore)から設計基本承認(AIP)を取得した。

<AIP授与(右から当社中野執行役員、川越専務)>

20200303mol 520x398 - 商船三井/FSRUの再ガス冷熱発電システムで世界初AIP取得

商船三井とDSMEは、FSRUの燃費効率向上とCO2排出削減のために、共同で「再ガス冷熱発電」システムを開発してきた。

今回基本承認を取得した「再ガス冷熱発電」システムでは、FSRUの再ガス化プロセスに有機ランキンサイクル(有機化合物からなる熱媒体を介して温度差を発電エネルギーに変換する熱機関の理論サイクル)を採用。

これにより、従来は海水に排出していたLNG冷熱を発電エネルギーとして利用可能となり、最大定格流量では再ガス化プロセスでの電力消費を約70%分回収することで、FSRUの燃料消費とCO2排出を約50%削減する効果が期待できる。

有機ランキンサイクルシステムは、陸上LNG基地で40年以上の実績のある技術だが、FSRU向けで同技術を適用したAIP取得は世界初。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集