リコー、BONX/グループ通話ソリューションをコクヨロジに導入

2020年03月09日 

リコーはBONXが開発したヒアラブルコミュニケーションデバイス「BONX Grip」およびクラウドサービス「BONX for BUSINESS」を3月9日、コクヨロジテムに導入し運用を開始したと発表した。

<BONX Grip>

20200309ricoh - リコー、BONX/グループ通話ソリューションをコクヨロジに導入

BONX for BUSINESS は、従来の無線電波を使ったトランシーバーとは異なり、スマートフォンのインターネット回線を使った VoIP(Voice over Internet Protocol)によるクラウドベースのグループ通話ソリューション
。働く場所を限定せず、最大30人までの音声グループコミュニケーションを簡単に実現する。専用のヒアラブルコミュニケーションデバイスである BONX Grip を使用することで、作業時に両手が塞がった状態でもハンズフリーでリアルタイムのコミュニケーションが可能となる。

今回、リコーがビジネス向け展開を進めているBONX Gripを、コクヨロジテムの全国の物流拠点で導入し、BONX for BUSINESS のサービスを利用して、納品・引っ越し業務・倉庫内の事務所・現場のスタッフ間コミュニケーションツールとして活用する。

コクヨロジテムの主力事業である「オフィス家具の組立・納品業務」では、現場での「円滑な作業工程の遂行」、「複数拠点を繋ぐ、同時コミュニケーションの重要性」は、かねてから課題となっていた。

コクヨロジテムで担当する組立・納品、構内作業の各現場において、BONX for BUSINESS のグループ通話機能を活用することで、昨今の高層ビル開発に伴う、複数フロアや広範囲の納品現場、搬入作業での必要な各工程の作業担当者間とのコミュニケーションツールとして、また、「製品の保管・物流」を担う全国の配送拠点では、構内作業と物流管理の各現場を繋ぐコミュニケーションツールとして活躍する予定だ。

BONX Grip および BONX for BUSINESS を用いることで最大30人とハンズフリーで一斉連絡することが可能になり、音声を切り口として、同時進行の作業をより「正確」に、「安全」に、そして「スピーディ」に進められるメリットを最大限活用できる。物流業界共通の課題である、現場での「安全性」・「効率性」の向上、より「高品質」・「高価値」な製品・サービスの提供を目指していくとしている。

■BONX Grip概要
マイク方式:デュアルマイク
重さ:約15g
本体サイズ(イヤーループを除く): 縦×横×厚み = 約 32 × 約 44 × 約 18mm
バッテリー方式:リチウムポリマー電池
充電方式:マイクロ USB
連続通話時間(BONX アプリ使用時):約7時間〜
待機時間:約 400時間
防水性能:IPX5
Bluetooth:Dualmode Bluetooth 4.1
(Classic Bluetooth and Bluetooth Low Energy)
ペアリング済みスマホとの通信距離:最大約 10m(Class 2)
対応端末:iPhone5以降のApple製端末、iOS9以降
   Android 4.3 以降の各社端末

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集