SBSフレックネット/初のベトナム人技能実習生を受け入れ

2020年03月09日 

SBSフレックネットは3月9日、 この4月1日から、ベトナムから初めての技能実習生を受け入れると発表した。

<第1期生12名>

第1期生12名

<受入れ準備の講習風景>

受入れ準備の講習風景

技能実習生は、ベトナムハノイで約半年間の日本語講座を修了し、基礎的な日本語を習得した12名が、2月27日に第1期生として来日した。これから約1か月間の法定研修を受講後、4月1日から11か月にわたり、北九州営業所(福岡県北九州市門司区)で同社の食品物流業務に携わる。

この取組みはベトナムの経済発展を担う人材の育成に寄与することを主たる目的としつつも、国境を越えた取り組みを通じて地域のみなさんとの交流や地域活性化を目指して、これから定期的に受け入れていくもので、本年はあと2回の受け入れを予定している。第2期生は7月に来日する予定だ。

地方自治体の協力のもと、技能実習生をSBSフレックネットの社員が生活指導員などとしてサポートし、ストレスの少ない日々を提供することにより、物流ノウハウのスムーズな習得を図る。

また地域の人々との交流を通し相互理解も積極的にはかっていくとしている。

なお、技能実習生は、実習期間を終え帰国した後には、ベトナムで食品物流の知識を活かして次世代の物流を担うリーダーとして活躍してもらい、将来においてSBSグループとベトナムの掛け橋になってもらうことを期待している、としている。

最新ニュース

物流用語集