三井倉庫/大阪府で協力会社の従業員が新型コロナウイルス感染

2020年03月11日 

三井倉庫は3月11日、大阪府摂津市の三井倉庫の事業所に勤務している協力会社の従業員1名が新型コロナウイルスに感染していることが3月10日に判明したと発表した。

この従業員は3月9日に、病院・保健所から紹介された医療機関で PCR検査を受診、3月10日夕方、新型コロナウイルス陽性反応が確認されたもの。

なお、この従業員の同事業所における濃厚接触者については特定されており、現在自宅待機中。また、この従業員が勤務していた事業所では保健所の指導のもと、既に消毒作業を実施、終了している。

これまで三井倉庫では、様々な新型コロナウイルス対策を実行してきたが、この従業員の陽性反応が確認された現在、「保健所の指示に従い、出勤停止や自宅待機」、「職域の消毒徹底」等の対応を厳格に適用している。

新たな感染者発生の阻止、さらなる感染拡大の抑制、そして従業員、関係者の安全確保を最優先に、政府方針等を考慮に入れ関係各所と連携し感染症流行の収束が見込まれるまで対策を継続するとしている。

最新ニュース

物流用語集