秋田エプソン/拠点を集約・効率化、新棟竣工、物流も効率化

2020年03月23日 

セイコーエプソンのグループ会社である秋田エプソンは3月19日、秋田県内でウオッチ生産拠点を集約・効率化するため、2019年7月より建設を進めていた新棟が、このほど竣工したと発表した。

<秋田エプソン新棟(8号棟) 外観>

秋田エプソンでは、ウオッチ製造および組み立てを本社および羽後事業所(秋田県雄勝郡羽後町)の2か所で行ってきたが、分散による非効率化を解消し、また安定した自動機オペレーション技術と集約によるコストダウンを図るため、部品加工からウオッチ組み立てまでを秋田エプソン本社内で一貫して行うことにしたもの。

さらに、東京都日野市のセイコーエプソン日野事業所の国内向け製品倉庫を集約、海外向け保税倉庫も確保して一元管理することで、物流の効率化も図る、としている。

■秋田エプソン新棟の概要
所在地:秋田県湯沢市岩崎字壇ノ上1番地
名称:秋田エプソン8号棟
生産品目他:保税倉庫・製品倉庫・ウオッチ製造
投資額:約6億円
面 積:延床面積:3808m2(渡り廊下含む。鉄骨造2階建て)
新棟従事者数:30名
竣工日:2020年3月10日
稼働日:2020年3月30日

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集