アルインコ/京都府福知山市に同社最大級の物流センター建設

2020年03月24日 

アルインコは3月24日、京都府福知山市の長田野工業団地「アネックス京都三和」に、同社最大級の建設機材用物流施設「福知山物流センター」を建設すると発表した。

建設地として、同団地G区画の用地2万4000m2を取得した。今後、6月の着工、2021年3月の竣工予定で、倉庫やトラックヤード、入荷場で構成する総面積7800m2の施設を建設する。

新施設は、兵庫県丹波市にある主力工場の兵庫工場と近接し、舞鶴若狭自動車道・京都縦貫自動車道からも至近の立地。完成後に、兵庫工場周辺に分散委託保管している製品倉庫を集約し、業務の効率化と経費の削減につなげる狙い。

■福知山物流センターの概要
建設地:京都府福知山市三和町みわ小字エコートピア13(長田野工業団地「アネックス京都三和」G区画)
敷地面積:2万3917.12m2(有効面積1万7779.43m2)
建物概要:鉄骨造平屋建 床面積6600m2
トラックヤード:屋根付き 面積990m2
入荷場:プラットフォーム 面積165m2
着工予定:2020年6月
竣工予定:2021年3月

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集