南総通運/千葉・圏央道「東金IC」周辺に新倉庫、入居者募集開始

2020年03月26日 

南総通運は、千葉県東金市の「小沼田第2物流センター」で、7月に2棟の新倉庫を竣工する。

<建設中の新倉庫(中央の白屋根がB棟、その右隣の白屋根がC棟)>

<10mの大庇を設け、荷捌きスペースに余裕を持たせる>

新倉庫のB棟は300坪×6区画、C棟は1棟1区画603坪で、ともに常温倉庫。両棟とも壁や柱が無い構造で、床荷重は7トン/m2。B棟は有効内高6.9m、C棟は8mを確保し、高さを生かして保管効率を高められる構造とするほか、2棟ともに10mの庇を設け、余裕のある荷捌きスペースを実現する。

小沼田第2物流センターは、圏央道・千葉東金道路「東金IC」から11kmの立地。圏央道を経由して都心近郊の渋滞エリアを避けて羽田空港や、東京港、横浜港へアクセス可能で、2025年の圏央道延伸によって成田空港や、北関東、東北方面への接続がさらに改善される見通しとなっている。

<小沼田第2物流センター構内図。定温、危険物エリアなどを設け幅広いニーズに対応する>

常温倉庫のほか、危険物倉庫や毒劇物倉庫、定温倉庫を有しており、新倉庫2棟が完成することで、倉庫面積は現行の2倍の1万5000m2に拡大する予定。今後は、近隣企業の在庫型物流拠点としての活用のほか、門前倉庫としてサプライヤーとの安定的なサプライチェーン構築の提案を進めて行く方針だ。

■小沼田第2物流センター
所在地:千葉県東金市小沼田1573-13(小沼田工業団地内)
敷地面積:3万1425m2
延床面積(新倉庫竣工後):1万5720m2(一般倉庫1万774m2、危険物倉庫4946m2)
構造(B棟・C棟):鉄骨造鋼板葺平屋建て
主要設備:海上コンテナバンステージ
新倉庫竣工予定:2020年7月

■問合せ先
南総通運 東金支店(千葉県東金市山田1056-7)
TEL:0475-54-1291
FAX:0475-54-2968
Mail:togane@nanso.co.jp

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集