飯野海運/出光タンカー向けVLCCが竣工

2020年03月26日 

飯野海運は3月26日、出光タンカー向けの新造VLCC(大型原油タンカー)「富士山丸」が、名村造船所の伊万里事業所で竣工したと発表した。

<富士山丸>

富士山丸は、飯野海運の保有船舶として初のSOxスクラバー搭載船。船尾フィン、省エネ型プロペラボスキャップ「ECO-Cap」、フィン付き舵、風圧力低減型居住区、低摩擦型船底防汚塗料を採用し、推進性能を向上させたほか、燃費向上のため電子制御式主機関を採用するなど、環境に配慮したタンカーとなっている。

■富士山丸の概要
載貨重量トン:31万2499重量トン
総トン数:16万106総トン
全長:338.92m
全幅:60.00m
建造会社:名村造船所
船籍:日本

最新ニュース

物流用語集