NEXCO東日本/横浜新道の料金収受員が新型コロナに感染

2020年03月30日 

東日本高速道路(NEXCO東日本)は3月27日、料金収受業務を実施している同社グループ会社の料金収受員(60代男性)が、新型コロナウイルスへの感染検査で「陽性」であることが3月26日に確認されたと発表した。

<横浜新道川上料金所での収受員の業務場所>
横浜新道川上料金所での収受員の業務場所

この収受員は、3月27日に神奈川県が公表した新型コロナウイルス陽性患者になる。

この収受員は横浜新道川上料金所において、3月15日、16日、料金所ブースで料金収受業務を行った。収受員は、現在、医療機関に入院している。

また、濃厚接触者と推定される、この収受員と同日に勤務した6名についても、既に自宅待機の措置を行っている。この6名は横浜新道川上料金所において、料金所ブースで3月15日、16日に料金収受業務を行っている。

なお、今回の措置による川上料金所の閉鎖は、予定していない。

今後、保健所等の調査に協力し、NEXCO東日本としても感染拡大防止に努めていくとしている。

最新ニュース

物流用語集