鴻池運輸/東京貨物ターミナル駅にモーダルシフトの新拠点

2020年04月01日 

鴻池運輸は4月1日、JR貨物が東京貨物ターミナル駅構内に建設した物流施設「東京レールゲートWEST」内に「東京レールゲート営業所(コウノイケ・レールゲート)を開設した。

<新拠点を開設したJR貨物の物流施設>

東京レールゲート営業所は、東京レールゲートWESTの6階に位置しており、東京港や羽田空港などへのアクセス性と、KONOIKEグループの陸・海・空のネットワークを駆使したモーダルシフトの新拠点として運用する。

8000m2の倉庫スペースには、「鴻池技術研究所イノベーションセンター」も開設を検討しており、AGVや無人搬送フォークリフトなどの最新マテハン機器の開発・導入実験や、国内外のスタートアップ技術の実証研究などを行うオープンイノベーション拠点として活用する方針。

■東京レールゲート営業所(コウノイケ・レールゲート)概要
所在地:東京都品川区八潮3-3-22 東京レールゲートWEST6階
延床面積(倉庫部分):8091m2
温度帯:常温倉庫
積降バース:20バース
床荷重:1.5トン/m2
天井高:5.5m
従業員数:30名(予定)
アクセス:首都高速湾岸線「大井南IC」1.3km
首都高速横羽線「平和島IC」2km
東京モノレール「流通センター駅」徒歩14分
開設:4月1日

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集