サントリー/神奈川・鳥取の配送拠点で庫内業務自動化

2020年04月14日 

サントリーMONOZUKURIエキスパートは4月14日、海老名の配送センター(神奈川県)と奥大山の配送センター(鳥取県)で、自動格納ラックや無人フォークリフトなどを4月以降順次本格稼働させ、倉庫内業務の自動化に取り組むと発表した。

<自動格納ラック>

海老名の配送センターでは、センターを運営する鴻池運輸と共同で、最新式自動格納ラックの導入について検討。ラック内での荷揃えを自動化することで作業効率の向上を図り、高密度ラック内を自動搬送システムが縦横無尽に稼働することで高効率な保管を実現した。

<無人フォークリフト>


また、奥大山の配送センターでは、運営する日本通運の協力により既存倉庫を改装し、無人フォークリフトを4月以降本格稼働する予定。無人フォークリフトの稼働区域では、24時間完全自動化などを実現する。

■拠点概要
「海老名の配送センター」(鴻池運輸 海老名流通センター)
所在地:神奈川県海老名市中新田5-18-1(SOSiLA海老名内)
延床面積:3万1000m2(4階建倉庫の3・4階)
竣工:3月(4月本格稼働)
取り扱い商品:清涼飲料各種
業務委託先:鴻池運輸

「奥大山の配送センター」(日本通運 山陰支店奥大山配送センター)
所在地:鳥取県日野郡江府町大字御机字笠良原1177(サントリー天然水 奥大山ブナの森工場内)
延床面積:1万6000m2
竣工:2007年11月
取り扱い商品:清涼飲料各種
業務委託先:日本通運

最新ニュース

物流用語集