ブリヂストン/需要減少でタイヤ等生産調整、国内工場休止へ

2020年04月20日 

ブリヂストンは4月20日、新型コロナウイルス感染拡大の影響に伴う需要減少や、先行き不透明な市場環境の状況を鑑み、国内工場で一時的な生産調整を実施すると発表した。

当初から予定していた5月3~6日の連休に加え、トラック・バス用タイヤを製造している栃木工場や甘木工場など8拠点で、4月29日~5月2日と5月7~8日の操業を休止する。

また、産業用ホースなどを製造する熊本工場と関工場は5月1・2日、佐賀工場は5月1・2・7・8日の稼働を休止する。

最新ニュース

物流用語集