プロロジスリート/全焼した物件の保証・保険について

2020年05月11日 

日本プロロジスリート投資法人は5月11日、プロロジスパーク岩沼1の火災について、関係者に謝罪するとともに、この物件の保証・保険についての今後の見通しと、参考としての支払い限度額等について発表した。

信託建物等の帳簿価額は37億1300万円。

火災保険(建物および付属設備)の支払限度額は37億2000万円、利益保険(収益)の支払い限度額は10億100万円となっている。

この物件では、現在、出火原因や被害状況等についての調査が行われているところであり、追って本投資法人がこの物件に付保している火災・利益保険の補償範囲や保険金の支払時期等も決定される見通しだが、その確定までには相応の時間がかかる見込み。

一方で、現地の状況からこの物件の建物は全焼したと考えられることから、参考までに、この物件の建物等の帳簿価額及び本保険の支払限度額について公表したもの。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集