souco/東京2020大会中の首都圏物流最適化を検証

2020年05月11日 

soucoは5月11日、国土交通省がすすめる東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(東京2020大会)期間中の交通量抑制・分散を目的とした、共同輸配送、平準化等の実証実験に選定されたと発表した。

soucoは、物流施設や倉庫の空きスペースを抱える企業と、スペースを必要とする企業の情報を集約したマッチングプラットフォーム「souco」を展開している。

実験では、東京2020大会期間中の首都圏での物流について、倉庫の空きスペース情報と複数要素をもとにした独自演算等により、中間の荷物積み替え拠点や一時保管拠点を設けることで分散化した輸送・配送ルートを提示し、これによる物流コストの最適化を検証する。

最新ニュース

物流用語集