ブリヂストン/トラック用タイヤの国内工場、生産調整で休業

2020年05月20日 

ブリヂストンは5月20日、新型コロナウイルス感染拡大の影響に伴う需要減少や、先行き不透明な市場環境の状況を受けて、国内工場で休業による一時的な生産調整を実施すると発表した。

休業の対象となるのは計12拠点。そのうち、トラック・バス用タイヤを生産している栃木工場(栃木県那須塩原市)と甘木工場(福岡県朝倉市)では、5月28日~6月1日にかけて稼働を停止する。

最新ニュース

物流用語集