大王製紙/子会社がケイジー物流の全株式取得で孫会社化

2020年05月27日 

大王製紙は5月27日、子会社であるダイオーロジスティクス(DLC)が、関東および九州に物流拠点を持つケイジー物流の全株式を取得すると発表した。

ケイジー物流を子会社化することで、大王製紙の孫会社化となる。

株式取得の理由について、ケイジー物流が、49年の業歴を有し、自動車部品輸送を中心に輸送と倉庫業務のノウハウを堅実に蓄積しており、また、関東を中心に九州にも営業所があり、約70台のトラックおよび乗務員を有していることが強みであると認識。

株式取得により、消費地におけるケイジー物流の物流ネットワークと大王製紙グループの製品配送を組み合わせることや、復荷を活用したグループ外への販売をさらに向上させていくことによるシナジー効果が見込めるとともに、需要地でのさらなる安定供給体制の強化に繋がるものと判断したもの。

なお、物流事業においては、近年業界を取り巻く環境も厳しく、トラック乗務員の採用についても困難な状況が続いていが、大王製紙はかかる状況においても、各需要地での安定供給体制の強化を図るため、2018年より、生産拠点に隣接した大型物流倉庫を静岡県、岐阜県、愛媛県に計4拠点稼働し、従来分散していた倉庫を集約するとともに、衛生用紙においてパレット輸送を開始することにより、物流の効率化を図ってきた。

■株式を取得する子会社の概要 (2020年4月1日現在)
名称:ダイオーロジスティクス
所在地:愛媛県四国中央市三島朝日一丁目11番45号
事業内容:一般貨物自動車運送業、貨物利用運送事業
資本金:3000万円
設立年月日:2013年4月1日
大株主及び持株比率:大王製紙 100.0%

■異動する孫会社の概要 (2020年4月1日現在)
名称:ケイジー物流
所在地:千葉県千葉市稲毛区長沼町330番地
事業内容:一般貨物自動車運送業、貨物運送取扱業、貨物軽自動車運送業、倉庫管理・荷役・梱包取扱業、産業廃棄物処理業、通関業、保険代理店業 他
資本金:1億円
設立年月日:1970年10月31日
大株主及び持株比率:鬼怒川ゴム工業 100.0%

最新ニュース

物流用語集