Qxpress Corp./国内・海外物流サービスプラットフォーム開始

2020年06月10日 

IT物流プラットフォームのQxpress Corp.は6月10日、EC事業者の売上拡大をサポートするための国内・海外物流サービスプラットフォーム(Smartship)を2020年6月にオープンし、展開していく予定と発表した。

Smartshipとは、Qxpressで開発した統合物流プラットフォームで送り状の自動発行機能など物流のインフラを共有する機能。

これまでにQxpressが10年間蓄積してきたEC専用の物流/配送ノウハウと便利なプラットフォームを共有することにより、販売店(EC事業者)に更に販売拡大を強化してもらう目的だ。

今後、日本の良い商品を海外に発信し拡大していくために、海外進出する販売店への販売支援など、様々なソリューションとプロモーション支援も予定している。

なお、Qxpress Corp.は最近、韓国の金浦(GIMPO)に位置する物流センターを、以前の7倍以上の広さに拡大移転した。移転した新倉庫では、1日に6万件以上処理が可能な自動化物流システムを構築し、配送の正確度と作業効率性を改善し、新型コロナウイルスの影響により不足している必須品などを迅速に配送するために、韓国から空輸チャーター便も駆使して運ぶなど、配送サービス強化に力を入れている。

Qxpress Corp.の北野 真由グループ長は「韓国の消費者が選定に直接参加する“韓国代表ブランド大賞”を2年連続で受賞し、消費者に信頼感を持っていただいていることに感謝し、今後も日本の良い商品を海外の方にもっと知ってもらえるように物流面で販売店(EC事業者)を支えていきたい」とコメントしている。

最新ニュース

物流用語集