JR東日本など/新幹線物流で山形県内のサクランボ生産者を支援

2020年06月18日 

JR東日本グループは6月18日、山形県・JA全農山形・日本郵便と連携して、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている山形県内のサクランボ生産者を新幹線物流で支援すると発表した。

<物流フロー>

<山形県産のサクランボ>

生産者から持ち込まれた山形県内のサクランボを、仙台駅まで日本郵便の運送ネットワークで運び、さらに東北新幹線を活用して仙台駅から東京駅まで輸送。

輸送したサクランボを6月25・26日の2日間、JRアグリ仙台の農産物直売所「AOYA」と、上野駅および東京駅内の地産品ショップ「のもの」で販売する。

最新ニュース

物流用語集