デカルト/デジタル貨物実行プラットフォームのKontainer社買収

2020年06月22日 

デカルトシステムグループ(DSG)は6月11日、クライアント向けデジタル貨物実行プラットフォームの大手プロバイダーであるCracking Logistics Limited dba” Kontainers”を買収したと発表した。

英国に本社を置くKontainersは、世界中の運送業者、貨物輸送業者、サードパーティのロジスティクスサービスプロバイダー(LSP)のカスタマーエクスペリエンスを変革。

Kontainersのソリューションは、見積もり、予約、追跡、ダッシュボード分析などの完全にデジタルな顧客体験を促進する。同社のデジタル貨物プラットフォームにより、これらのロジスティクスサービスプロバイダーは、最終顧客向けにブランド化された最先端のデジタルエクスペリエンスを迅速に作成できる。

Kontainersのテクノロジーは、既存のレート管理およびバックオフィスシステムへの投資を維持しながら、API対応のLSPも支援する、としている。

デカルトのエドワードJ.ライアンCEOは「過去数か月の間に、世界は急速に変化し、その結果、デジタル化へのシフトが加速し、物流サービスプロバイダーは厳しいマージンで運営している。カスタマーエクスペリエンスをデジタル化するために迅速に移行できない企業は、サービス提供のコストが高くなる。LSPは、クライアント向けプラットフォームと、このデジタル化がもたらす見積り、評価、および予約システムとの間の適切なリアルタイム接続がなければ、今日のダイナミックな市場での顧客の需要を効率的に満たすことはできない。Kontainersの顧客、パートナー、ドメインの専門家チームと協力して、ロジスティクスコミュニティがこの機会を活用できるようになることを楽しみにしている」と述べている。

最新ニュース

物流用語集