日本梱包運輸倉庫/新型コロナ対策で本社の事務・会議室改装

2020年06月22日 

日本梱包運輸倉庫は6月20日、新型コロナウイルス感染防止への取り組みとして、本社の事務・会議スペースを改装したと発表した。

<改装前の事務所>
20200622nikkon - 日本梱包運輸倉庫/新型コロナ対策で本社の事務・会議室改装

<改装後の事務所>
20200622nikkon1 - 日本梱包運輸倉庫/新型コロナ対策で本社の事務・会議室改装

<大会議室(上)とミーティングスペース(下)に設置されたデスクスクリーン>
20200622nikkon2 520x383 - 日本梱包運輸倉庫/新型コロナ対策で本社の事務・会議室改装
20200622nikkon3 520x391 - 日本梱包運輸倉庫/新型コロナ対策で本社の事務・会議室改装

事務スペースでは、対面型だった座席の配置を一方向に変更した上で、机の前面と側面にアクリル板製のデスクスクリーンを設置した。また、会議室やミーティング室などの会議スペースでも人と人の間にデスクスクリーンを設置している。

このデスクスクリーンの製作と施工はグループのニッコンムービングによるもので、外販も行っている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集