成田空港/国際線貨物便発着回数は2か月連続で過去最高

2020年06月29日 

成田空港は6月29日、5月の空港運用状況を発表した。

それによると、新型コロナウイルス感染症の拡大により発着回数、旅客数は大幅減となった。

国際線発着回数のうち、旅客便は、 成田空港が開港した1978年5月(1043回)に次ぐ、 5月として過去2番目に少ない発着回数(前年同月比85%減の2336回)となったものの、貨物便は、2か月連続で過去最高の発着回数(前年同月比76%増の3449回)を記録した。

なお、国際航空貨物量は、国際線旅客便の運休・減便により、貨物スペースを活用した輸送量が減少したものの、国際線貨物便が多数運航されたため、国際航空貨物量は13万7766tとなり、前年同月比15%減に留まった。

最新ニュース

物流用語集