CRE/埼玉県飯能市に8.4万m2のマルチテナント型物流施設を竣工

2020年06月30日 

シーアールイー(CRE)は6月30日、埼玉県飯能市で開発を進めていた大型物流施設「ロジスクエア狭山日高(飯能)」が竣工したと発表した。

<ロジスクエア狭山日高(飯能)全景>
ロジスクエア狭山日高(飯能)全景

<東側外観>
東側外観

竣工に先立ち賃貸面積の80%以上がすでに契約済みとなっており、大手荷主系物流企業、メーカー企業の入居が既に決定している。7月より順次稼働を開始する予定だ。

この施設は、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)「狭山日高」ICより約0.7kmに位置しており、国道407号線へのアクセスにも優れた好立地。周辺は工業系施設(倉庫・工場等)が多く、24時間稼働が可能な立地条件を備えており、物流施設としてのロケーションは良好。

また、圏央道を経由した各主要高速道路へのアクセスが飛躍的に向上したことにより、関東エリアのみならず広域物流の戦略的拠点として優れた立地ポテンシャルを有している。

<2階車路、トラックバース>
2階車路、トラックバース

<庫内>
庫内

施設は3万6815.37m2の敷地に地上5階建て(倉庫部分は4層)、延べ面積8万4132.04m2の大型物流施設で、ワンフロアが約5330坪、2階及び3階部分へ大型車両が直接乗り入れ可能なランプウェイを設け、トラックバースを1階、2階及び3階に計120台分備えるマルチテナント型物流施設。2階及び3階には出庫車両専用スロープを設け、交互通行に伴う場内車両渋滞や接触事故防止に配慮した施設としている。

倉庫部分の基本スペックとしては、外壁には金属断熱サンドイッチパネル、床荷重は1.5t/m2、有効高さは各階6.0m以上(4階は最大6.9m)、平均照度は300ルクス以上、2フロアオペレーションとなる3-4 階部分には荷物用エレベーター(4.1t)を計6基設置しており、各階2.5tフォークリフトの走行にも対応している。

<エントランスホール>
エントランスホール

これらの倉庫機能を可視化したデザインのサイン計画も採用し、庫内オペレーションの安全面や機能面での向上、働く人々の快適性にも寄与。構造計画では、ラーメン架構による耐震構造として、ブレースのないフレキシブルで保管効率の高い設計を行っている。

また、入居テナントの将来ニーズ対応として、垂直搬送機及び倉庫内階段の追加設置(3-4階部分)や事務室の増設、倉庫内の空調機設置などにも一定の対応ができる仕様とし、マルチテナント型物流施設としての汎用性を考慮したCREの基本スペックを満足する施設となっている。

さらに、倉庫業法の基準適合確認制度の認定を受けることで、テナント企業が営業倉庫登録を行う際の手続きが簡素化され、スムーズな施設運用が可能となる予定。

<コンテナ、パレットなどをモチーフにしたカフェテリア>
コンテナ、パレットなどをモチーフにしたカフェテリア

<カフェテリア夕景>
カフェテリア夕景

アメニティ面では、最上階の5階に、約150人が同時に利用できるカフェテリアや売店スペース、富士山も眺望できる屋上テラス等の共用アメニティを配置し、無料Wi-FiやBGM放送設備を設け、働く人々の職場環境の向上に寄与している。また、内装やファニチャーにコンテナやパレットといった倉庫空間をモチーフとした素材を選定することで、施設全体のデザイン的統一感を演出している。

BCP(事業継続計画)対策としては、大手総合防災設備メーカーである能美防災が開発した防災支援システム TASKis を導入したことにより、火災時に従業員や施設管理者などのスマートフォンに施設内のどの場所で火災が発生しているかなどの情報を瞬時に伝達することが可能となり、避難や消火といった自衛
消防隊の活動支援を施設全体で効率的に進めることができる国内初の施設となっている。

また、屋上には災害時の消防隊による救助用にヘリコプターのホバリングスペースを設置し、緊急地震速報システムの導入やAEDの設置などと合わせて、入居テナントの BCP(事業継続計画)策定の一助になるものとしている。

環境対策では、全館LED照明の採用や人感センサー、節水型衛生器具の採用等により、CASBEE埼玉県のAランク認証及びBELS評価を取得して、第三者機関による認証により、環境や省エネルギーに配慮した施設として評価を受けている。

さらに、今後本施設の屋根を太陽光発電事業者に賃貸し、屋根全面に出力751 キロワットの太陽光発電設備を設置することを予定。この発電設備より発電した電力の供給を受けて自家消費(自立型電源)し、環境に優しい自然エネルギーを活用することで、ESG、SDGs 等に対する意識の高まりや、社会的課題へ向けた取り組みを推進していくとしている。

なお、敷地内で縄文時代中期(約5000年前)の住居跡地が74軒発掘され、CREではこの歴史的発見を受け、CSRへの取り組みとして行政による発掘作業、記録保存や見学会などへの実施に協力を行ってきた。

■ロジスクエア狭山日高(飯能)の概要
施設名称:ロジスクエア狭山日高(飯能)
所在地:埼玉県飯能市芦苅場
敷地面積:3万6815.37m2
主要用途:倉庫(倉庫業を営む倉庫)
構造規模:鉄筋コンクリート造・一部鉄骨造 地上5階建て
延べ面積:8万4132.04m2
着工:2019年2月1日
竣工:2020年6月30日
設計施工:錢高組

最新ニュース

物流用語集