ZOZO/千葉県習志野市の物流施設でコロナ感染者、発送に遅延

2020年07月15日 

ZOZOは7月14日、千葉県習志野市にある物流施設「ZOZOBASE習志野1」に勤務する従業員1名から、新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたと発表した。

従業員が7月13日に医療機関でPCR検査を受診し、感染が判明した。この従業員は施設内勤務のため社外関係者との接触はなく、14日時点で体調に異常はなかった。保健所の判断のもと、他の従業員に濃厚接触者がいないことも確認されている。

感染者の発生を受けて、ZOZOはZOZOBASE習志野1の全従業員に帰宅指示を出し、稼働を一時停止。従業員の安全が確保され次第、7月15日に稼働を再開する予定で、商品発送に1日程度の遅延を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集