Geek+/アスクルにSBロジスティクスと搬送ロボット111台導入

2020年07月20日 

ギークプラス(Geek+)は7月20日、 ソフトバンクグループのSBロジスティクスとともに、アスクルの物流センターに、111台の搬送ロボット(P500R)を導入したと発表した。

<ロボット稼働の様子>
ロボット稼働の様子

<ASKUL Value Center 関西>
ASKUL Value Center 関西

Geek+はSBロジスティクスとともに、大阪府吹田市にあるアスクルの物流センター(ASKUL Value Center 関西)に、111台の搬送ロボット(P500R)を導入し、6月より稼働を開始している。

導入の背景としては、EC出荷量の増加と、慢性的な人手不足がある。導入したPickingシリーズは、ロボットがヒトまで商品を運ぶ「Goods to Person」を実現し、 負担の大きい倉庫内の「歩く」作業を自動化している。

今後も、Geek+の持つ、 ロボット販売 / 導入 / メンテナンス / コンサルティングの幅広いサービス領域と、 SBロジスティクスの持つ豊富な知見に基づくコンサルテーション力とネットワーク力を生かし、 物流ロボティクスを活用した革新的なソリューション提供を加速していくとしている。

最新ニュース

物流用語集