関通/自律走行ロボットを稼働開始、2.5倍の生産性

2020年07月28日 

関通は7月28日、関西主管センターで導入しているAutonomous Mobile Robot(AMR、自律走行ロボット)のSyrius(シリウス)の現場での稼働を開始したと発表した。

<自律走行ロボットSyrius>
自律走行ロボットSyrius

<関西主管センター>
関西主管センター

稼働開始にあたり、 早稲田大学 創造理工学部 経営システム工学科 吉本研究所が現場設計の協力に携わったことで、作業人員をおよそ半数にしつつも、およそ2.5倍の生産性を見込んでいる。

また、関通が開発・販売する倉庫管理システム「クラウドトーマス」との連携も実現した。

このSyriusは、自ら撮影を行った画像をAIによる解析で位置データを認識し、複数のロボットが倉庫内で直接通信を行い、動きを決めることにより、指令を出す上位の情報システムが不要であり、既存倉庫にも導入しやすいことが特徴。

最新ニュース

物流用語集