パルシステムほか/適温蓄冷材を用いた配送システムの運用を開始

2020年08月04日 

パルシステム生活協同組合連合会とタニックス、シャープは8月4日、業界で初めて配送に青果専用の「適温蓄冷材」を用い、産地直送青果の品質を保持するとともに、大幅な消費電力量低減と人手不足解消・働き方改革に貢献する新配送システムを構築したと発表した。

<産地直送青果(左)とシャープ製の青果専用12℃の適温蓄冷材>
産地直送青果(左)とシャープ製の青果専用12℃の適温蓄冷材

7月20日配達分から運用を開始している。

パルシステムは、乳製品・総菜・精肉などの冷蔵品は年間を通じて、また、青果は春季から秋季(4月~11月)の期間、保冷配送をしている。冷蔵品、青果とも0℃(融点-1℃~1℃)の蓄冷材を使用していることから、直接触れてしまうと青果が低温障害により凍結や変色などで傷んでしまうケースがある。そのため、0℃の蓄冷材と青果の間に緩衝材を挿入することで品質劣化を防止していた。

新配送システムでは、シャープが液晶材料の研究で培った技術をベースに、青果配送に適した12℃の「適温蓄冷材」を開発。「適温蓄冷材」を用いた配送時の品質保持についてシャープとタニックスが検証を行い、パルシステムがトータルオペレーションを構築。

また、保冷容器であるシッパー(発砲スチロール)を断熱性の高いものにリニューアル。「生産者が丹精込めて育てた安全・安心な産地直送青果をフレッシュな状態で顧客へ届けたい」とのパルシステムの思いから、「適温蓄冷材」を用いた新配送システムを構築し、青果物流を革新していくとしている。

■12℃「適温蓄冷材」の導入効果
凍結時間短縮:約18時間以上 ⇒ 約12時間
効率的運用が可能:緩衝材の挿入が不要、凍結時間短縮により、「適温蓄冷材」の回転率が向上、低温障害の発生しやすい「大葉」なども一緒にセット可能
消費電力量低減率:約40%(見込み)
CO2排出量削減効果:約2000トン(見込み)

最新ニュース

物流用語集