リンコー/4~6月の売上高20.4%減、営業損失1.87億円

2020年08月04日 

リンコーコーポレーションが8月4日に発表した2021年3月期第1四半期決算によると、売上高35億1000万円(前年同期比20.4%減)、営業損失1億8700万円(前年は1億5100万円の利益)、経常損失1億300万円(前年は1億8500万円の利益)、親会社に帰属する四半期純損失1億2100万円(前年は1億3000万円の利益)となった。

運輸部門の売上高は25億500万円(4.4%減)、営業損失900万円(前年同期は400万円の利益)。

運輸系子会社4社を含む貨物取扱数量は、合計137万2000トン(13.2%減)。コンテナ貨物では、輸出貨物がアジアを中心に仕向国の経済活動が制限されている影響を受け減少。一般貨物も市況の低下に伴い主要な輸入貨物が減少したほか、トラック輸送も国内の企業間物流の需要が減少したことで取扱が減少した。

通期は、売上高141億3000万円(15.9%減)、営業損失6億1000万円、経常損失5億円、親会社に帰属する当期純損失4億7000万円を見込んでいる。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集